ハンドボールのルール

ハンドボールのルール
(はんどぼーるのるーる)

 

ハンドボールのルールについて解説する。

関連記事を読む
関連アイテムを探す

 

 

 

コートの規格

画像出典:www.handball.or.jp 

,,

・コートの大きさ
・ゴールの大きさ
・ゴールエリアライン
・7mライン
・交代ライン

40m×20m
高さ2m×幅3m
ゴール前方6m
ゴールラインから7mの距離で長さ1m
センターラインから長さ4.5m

引用元:www.handball.or.jp

ハンドボールコートとフットサルコートは非常によく似ている。

大きさがイメージしづらい人はそちらを見てみるのも良いかもしれない。

 

試合時間

,,

・正規の時間

 

 

・延長

 

高校生以上は、前半30分、後半30分。
中学生は、前半25分、後半25分。
休憩時間は、10分。
正規の時間で勝敗が決まらない場合は、
5分の休憩ののち10分間

引用元:www.handball.or.jp

公式の試合時間は上記に記載された通りである。小学生の標準の競技時間は前半後半各15分。休憩時間は10分が標準。

 

しかし、大きな大会でも一回戦や二回戦などは時間を縮めて行われることが多い。また、リーグ戦などでは延長戦が行われないこともある。

 

延長戦を行っても勝敗が決まらなかった場合は7mスローコンテストを行う。7mスローコンテストとは、各チーム代表者3人ずつ交互に7mスローを行い、3人目終了時に成功者が多いチームが勝利するというものである。3人目終了後も同点の場合はサドンデス方式でどちらかが1点上回るまで行う。この場合でも3人ずつを終えたところで7mスローの先攻・後攻を決めるコイントスを行う。

 

7mスローについてはこちら→7mスロー

 

タイムアウト

延長戦を除き、各チームは前半と後半合わせて三回までタイムアウトを請求することができる。タイムアウトを請求するときはグリーンカードをオフィシャル席に置く。

 

タイムアウトの使用回数

 

タイムアウトの注意点
・タイムアウトを請求できるのは前半、後半それぞれ二回まで。
・それぞれの前後半で二回請求する場合、一回目と二回目の間には必ず相手チームがボールを持つ時間帯が必要。
後半残り5分間は一回しかタイムアウトを請求できない。
・タイムアウトを請求できるのはチームがボールを持っているときだけ。

 

人数

,,

・ゲーム人数

 

・選手の交替
・ユニフォーム

1チーム7名(CP6名、GK1名)
※CP:コートプレーヤー、GK:ゴールキーパー
交替エリアから自由
CPとGKが異なる対照的な色

引用元:www.handball.or.jp

1チームはコートプレーヤー6名とゴールキーパー1名の計7名以下。

 

ゴールキーパーもゴールエリアの外に出てコートプレーヤーとしてプレーできる。その場合は足を使ってはいけないなどコートプレーヤーと同じ扱い。
これを利用し、7人でオフェンスするという戦略もある。
数でアドバンテージを取ることができるので非常に攻めやすくなるが、カウンターされると無人のゴールにボールを投げ込まれることになる。
相手に簡単にカウンターされないようにシュートでオフェンスを終えるなど相手の速攻を遅らせる工夫が必要不可欠。

 

交代時のルール

ハンドボールは選手交代を自由に行うことができる。
審判に申告する必要もなく、交代回数制限もない。
そのため、ディフェンス専門やオフェンス専門などと役割分担できる。選手の疲労軽減等のメリットもあり役割分担を採用しているチームも多い。

 

注意点
・選手交代はセンターラインから4.5mの交代ラインでのみ行われる。
・コート上に8人以上いると反則となるため、交代するときはコートから出る選手が完全に出たことを確認して交代する必要がある。
・不正交代すると2分間の退場。

 

ボールの規格

天然皮革もしくは合成の材質である必要がある。また、球形でなければならない。

 

成年・高校生の男子
→3号球
成年・高校生・中学生の女子、中学生の男子
→2号球
小学生
→1号球

 

サイズ表

  3号球 2号球 1号球
外周(cm) 58~60 54~56 49.5~50.5
重さ(g) 425~475 325~375 255~280

 

ボールの扱い方

,,

・身体の使用部分
・ボールの保有時間
・ステップの範囲
・キック

膝から上
3秒まで
3歩まで。ジャンプしてキャッチし、着地した足は0歩。
ボールに足で触れることは反則。

引用元:www.handball.or.jp

ボールはパスとドリブルでつなぐ。

 

ボールは膝より上なら扱って良い。膝もOKである
しかし、わざわざ膝や太ももでボールを扱うメリットは特にないためあえて膝や太ももでボールを扱う人はほとんどいない。

 

床に膝をつきながら、座りながら、あるいは横たわりながらボールを扱うことを許されている。つまり、フリースローなどの規則を守り片足の一部が床に終始ついていればそのような態勢でもスローを行って良い。

 

得点

シュートの前や最中に反則がなく、ボール全体がゴールラインを完全に通過した時に得点となる。

 

ボールがゴールラインを完全に通過する前に審判陣が試合が中断した時は得点とならない。
観客などが邪魔をしてボールがゴールに入るのを妨げられたときは審判の判断で得点となるか決められる。

 

審判が得点後に行うスローオフの笛を吹いたら得点を取り消すことができない。

 


,,

・スローオフの仕方

 

試合開始、失点後はセンターライン中央からレフェリーの合図後3秒以内に行う。
相手選手は3m以上離れなければならない

引用元:www.handball.or.jp

反則

,,

・7mスロー

 

・フリースロー
・オーバータイム
・オーバーステップ
・ダブルドリブル
・プッシング
・キック
・パッシブプレー

 

明らかな得点機会を阻止された時、守備側選手が攻撃を止めようとゴールエリアに入った時などに与えられる。
7mスロー以外の違反に対して与えられる。
3秒より長くボールを保持する。
ボールを持って4歩以上歩く。
ドリブルしたボールを一度持って、再度ドリブルする。
相手を押す、突き飛ばす。
キーパー以外が足でボールを扱う。
攻撃しよう、あるいはシュートしようという意図を示さないで、チームがボールを所持しようとする。

引用元:www.handball.or.jp

主なルールは上記の通りである。

ただハンドボールはかなり強い接触まで認められているため、ケガを防ぐために身体的接触を伴うプレーに関するルールが細かく設定されている。

 

少し分かりにくいところもあるため、初めてハンドボールに触れる人は接触プレーで何が許されていて何をしたらいけないのかというのが分からないとなりがちである。

 

そのため接触プレーに関するルールは別途解説する。

 

また、7mスローにも細かいルールがあるため別途解説する。

 

身体的接触を伴うプレーに関するルール

身体的接触を伴うプレーは大きく3つに分けられる。

 

・許されるプレー
・罰則にならない違反行為
・罰則を適用する違反行為

 

許されるプレー
・他のプレーヤーの手からボールを取るために, 開いた片手を使うこと。
・相手の身体に接触し, そのまま相手の動きに合わせてついていくために, 曲げた腕を使うこと。
・位置取りをめぐり, 相手をブロックするために胴体を使うこと。
※ブロックとは相手が空いている場所へ移動しようとすることを妨げること。原則として防御側のプレーヤーは受け身でなければならない

 

罰則にならない違反行為
・相手が手に持っているボールをひったくること, あるいは叩き落とすこと。
・ 腕, 手, または足を使って相手をブロックすること。あるいは身体 のあらゆる部位を使って相手を押しのけること, 押し出すこと。
ここには,最初の位置取りや一連の攻防動作のなかで, 肘を使った危険な行為も含む。
・相手が自由にプレーを継続できるような状態であるにもかかわらず, 身体やユニホームを捕まえること。
・走って, あるいはジャンプして相手にぶつかること。
※違反行為をしたプレーヤーの位置、身体部位、激しさの程度、また違反行為の影響も考慮される。そのため上記の違反行為でも罰則が適用されることがある
※罰則を適用にならない違反行為→相手にフリースローが与えられる。

 

罰則を適用する違反行為
・明らかに(ボールではなく)相手の身体を狙ったプレー。
高速で走っている相手に対するプレー。
・相手を背後から捕まえ続けるあるいは引き倒す。
・頭部や喉, 首に対するプレー。
・胴体やボールを投げようとしている腕を激しく叩くこと。
・相手が身体のコントロールを失う行為をしようとすること(ジャ ンプ中の相手の足/脚をつかむ。 etc)。
・ 高速でジャンプして, あるいは走って相手にぶつかること。
※上記は一例であり、相手に重篤な危険を与えるプレーは基本的に罰則が適用される。
※罰則→警告、2分間退場、失格のこと。

 

 

接触を伴うプレーでは、許されるプレーと罰則にならない違反行為で相手を止める。
ただ最初でも述べて通り、許されるプレーと罰則にならない違反行為の境界線や罰則にならない違反行為と罰則を適用する違反行為の境界線が曖昧になりやすく分かりづらい

 

そのため、何がOKで何がダメなのか考えすぎるよりも、

 

ボールのみを触れてボールを取ることや胴体を使って正面方相手を抑えるのが許されるプレー
正面から相手を抑えるのが罰則にならない違反行為
相手を明らかにケガさせるのが罰則を適用する違反行為

 

とざっくりと把握しておき実践で少しずつ境界線を知っていくのが良いと思われる。

7mスロー

サッカーにおけるペナルティキック。ペナルティスローという人もいる。

 

キーパーと7mスローを行うプレーヤーが所定の位置に付く。

審判が笛で合図する。

7mスローを行う。

 

という流れである。

 

7mスローの実施におけるルール
・審判の笛の合図から3秒以内ゴールに向かって7mスローを実施しなければならない。

 

・7mスローを行うプレーヤーが位置取れるのは7mラインからその1m後方までの範囲。審判が笛で合図した後、スローを行うプレーヤーはボールを手から離す前に7mラインに触れても、踏み越えてもならない

 

・スローを行ったプレーヤーとその味方のプレーヤーは、ボールが相手かゴールに触れるまで再びボールに触れることができない。

 

・味方のプレーヤーはフリースローラインの外側に位置を取り、スローを行うプレーヤーがボールを手から離すまでそこにとどまっていなければならない。

 

・スローを行うプレーヤーがボールを手から離すまで、相手チームのプレーヤーはフリースローラインの外側でなおかつ、7mラインから 3m以上離れていなければならない。

 

・7mスローを行うプレーヤーがスローの用意をしたら、 ゴールキーパーの交代は認められない。

 

 

7mスローを行うプレーヤーが、7mラインを踏み越えて得点が無かったことになるのは割とよくある。1m後方までは位置取って良いので7mラインからちょっと離れ、踏み越えないように余裕をもっておくと良いだろう。

 

また、7mスローではキーパーが明らかにスローを止めるそぶりを見せなかったらキーパーに罰則が適用される

 

罰則

スポーツマンシップに反する行為、不正交代、故意・悪質な反則には以下の罰則が与えられる。

 

警告(イエローカード)

罰則を段階的に適用しなければならない違反やスポーツマンシップに反する行為に与えられる。プレーヤー個人・チーム役員には1回まで、チーム合わせて3回までしか警告とすることができない。必然的にそれ以降は少なくとも2分間退場となる。
,,

・警告

反則や反スポーツマンシップ行為にはイエローカードが提示される。

引用元:www.handball.or.jp

退場

上記で述べた警告が最大数を超えてしまった場合や不正交代、プレーヤーが余計にコートに入った時、プレーヤーが不正に競技を妨害したときに与えられる。
また、明らかに相手の身体を狙った違反行為などの罰則を適用する違反行為でも与えられる。
,,

・退場

反則や危険行為が繰り返されたときは2分間の退場となる、交代出場は出来ない。

引用元:www.handball.or.jp

失格(レッドカード)

3回目の退場もしくは著しくスポーツマンシップに反する行為をした選手に与えられる。失格処分を受けた選手は試合に再出場できなくなり、チームは2分間数的不利となる。2分後に、失格した選手とは別の選手を復帰させることができる。
,,

・失格

重大な反則、反スポーツマンシップ行為、同一選手が3回退場を受けた時提示される。

引用元:www.handball.or.jp

審判

ハンドボールの審判は2人1組の二審制を採用しており、それぞれが同等の権限を持つ。タイムキーパーとスコアラーが審判を補佐する。

 

1つの違反に対する罰則について両者の見解が異なる場合には、罰則の重いほうを適用する。

 

黒色のユニフォームは本来審判のためのもの。
,,

権限

 

同等の権限を持った2名によりジャッジする。
罰則など 異なった判定になった時は重いほうの罰則を適用する。

引用元:www.handball.or.jp




室内用シューズ

 

2カラー

 

GEL-FASTBALL 3
室内用シューズ
¥12,744

4カラー

 

salming アダー
室内用シューズ
¥12,150

3カラー

 

GEL-BLAST 7
室内用シューズ
¥13,824

1カラー

 

ウェーブファントム 2
室内用シューズ
¥11,880

1カラー

 

ウエーブ スチーム 3
室内用シューズ
¥9,720

3カラー

 

レジェンドフライW
室内用シューズ
¥11,880

もっと見る

 

 

屋外用シューズ

 

2カラー

 

ウェーブガイア3
屋外用シューズ
¥9,720

2カラー

 

グランドシューターW
屋外用シューズ
¥8,424

3カラー

 

グランドシューターV
屋外用シューズ
¥10,584

2カラー

 

BUKATSU SPEZIAL
屋外用シューズ
¥8,629

もっと見る

 

 

”テクニック”の記事一覧

 

 

 

 

 

 

 

 

”最新ニュース”の記事一覧

 

 

トップへ戻る